あらためて仮面ライダーWってかっこいいな。

前略

最近、子どもたちが仮面ライダーWをよく見ています。

桐山漣 (出演), 菅田将暉 (出演), 田崎竜太 (監督), 諸田敏 (監督)

私は放送当時見ていましたが、あらためて第一話から見て、凝った作りになっているな~とワクワクしながら見ていました。

舞台は架空の街、風都。見た目ですごくわかりやすく街のいたるところに風車がしかけてあります。

それから主人公の左翔太郎。自分ではかっこつけてハードボイルドぶっているのにどうしてもハーフボイルドになってしまいます。たぶん、うちの子たちは翔太郎のキャラクターは大好きなんじゃないでしょうか。

第一話の段階でハーフボイルド感の演技がかなりうまいなぁと。

第三話の時点でフィリップの家族に対して言及されていて、結構序盤から伏線もあるんですよね。このへんは所見ではなく再視聴だから面白いと感じるところ。

今まで、子どもたちはどちらかというと、変身後のヒーローが出てくることが面白いと感じていたんだと思います。

それが、侍戦隊シンケンジャーや仮面ライダーWで、変身前のシーンも見入るようになりました。

今年はFire TV Stick 4Kを買ってから、過去の仮面ライダーや戦隊をかなり見るようになりました。

Alexa対応音声認識リモコン付属

あわせてプライム会員になっておけば、プライム・ビデオで視聴できます。

プライム会員についてはこちら

たぶん、年末年始もビデオを見まくると思います。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)