キュウリの苗とパッションフルーツの植え替え

前略

今年も本格的に暑くなる前にグリーンカーテンの準備です。

キュウリとパッションフルーツを植え付けました。

例年だと5月の連休頃には非常に暑くなるので、それまでにある程度グリーンカーテンの葉を大きくしておきたいというねらいがありました。

昨年はグリーンカーテン自体の設置が連休後でしたが今年は早めに準備。

まずは越冬したパッションフルーツをプランターに植え替えます。

イチゴのティピーテントに入れたりもしていて、最低気温が低い日もあったので、ちょっと寒さにやられているかもしれません。

冬の間、温かい室内で30センチ以上も伸びた新芽は、イチゴテントに入れる際、ぶつけて折ってしまいました(T_T)

次に、キュウリ苗の植え付け。

キュウリ苗は、うどんこ病に強いと書いてあるものをチョイス。昨年はうどんこ病でほとんど収穫できませんでした。去年のエントリーを見ると、土を使いまわしたりエンドウからうつったのか?と書いてあります。今年はちゃんと、新しい土ですよ。

キュウリとパクチーを一緒に植えよう!というキャッチコピーがホームセンターのパクチー苗に書いてあり、それなら、余っているパクチーの種を巻いてみようか、と混植してみました。

苗の様子も、去年の苗は完全に老化苗でした。今年の苗は自根でまだ若い苗。

まだ4月で気温が下がる日も考えられるので気が緩めません。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です