タマネギとホウレンソウの植え付け

前略

11月も中旬になりまして、タマネギとホウレンソウを植え付けました。

植えたのはキャベツ・レタス組の隣。

1.2m×4.8mの区画に、タマネギ100本とホウレンソウって、あとから思うとかなり窮屈な植え方してしまいました。

タマネギの植え付け

タマネギは、晩生品種を2種類、もみじとケルたまを選びました。

タマネギ苗。もみじとケルたま

タマネギの品種はあまり知らなかったのですが、収穫後長期保存可能なものがよかったのでこの2品種をチョイス。

ケルたまの方は新しい品種のなようで、ケルセチンという成分が多いんだとか。

ケルたま® タマネギ 品種カタログ | タキイの野菜【タキイ種苗】

クェルセチン

ケルセチンの生活習慣病予防機能

機能性成分が多くなるように開発された野菜をファイトリッチって呼ぶそうです。というかタキイ種苗のブランドって認識でいいのかしら。

ファイトリッチとは

植え付けはこんなかんじ。

タマネギを溝に並べた。

むかって右がケルたま、ひだりがもみじ。

畝に溝をつけて苗を等間隔に並べて、一気に土をかけていきました。

ホウレンソウの種まき

ホウレンソウの種もまきます。寒締め栽培というやつです。わざと寒さに当てて、葉中の水分を減らすと甘みが増すというのでやってみました。

ホウレンソウの種

今回はタキイばっかりですね。トライという品種。春に購入して春まき時期をのがしてしまったので有効期限が過ぎています。

中身は……

ホウレンソウの種

赤い色はおそらくコーティングでしょう。

これをタマネギの間に条まきしていき、不織布をべたがけ。

不織布をかけた

うん、狭い。ホウレンソウを冬の間に食べきるつもりでやってみようと思います。そうすればタマネギもせまくないですしね。

そして、タマネギの外側にはコンパニオンプランツとしてクリムゾンクローバーとレンゲの種もまいておきました。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です