ニンジンの葉を大量消費。お好み焼き

前略

畑で採れるニンジン。根ばかり使うので、葉が余っていました。

葉にも栄養があるし、捨てるに捨てられない。

そこでお好み焼きにしてみました。

結果的に、子どもには不評だったものの、大人は美味しくいただきました。

いただきものの里芋も大量にあったのでつなぎに使います。

材料

A

  • ニンジンの葉 ひとつかみ
  • キャベツ ひとつかみ
  • ネギ それなりに
  • 小麦粉 レンゲ4杯

B

  • 里芋 5個くらい
  • 玉子 1個
  • だしの素 スプーン1杯くらい
  • 水 コップ1杯くらい
  • 豚肉
  • ソース

Aの野菜を1センチ角に切りボウルに入れて小麦粉をまぶす。

Bの材料はブレンダーまたはミキサーで混ぜ、Aのボウルにいれて混ぜる。

お好み焼きの野菜と繋ぎ

里芋や玉子はハンドブレンダーで攪拌するのですが、一瞬で終わります。

ハンドブレンダーで攪拌した里芋はかなりふわふわが期待できそうな感じです。

我が家で使っているハンドブレンダーはこれ↓

このハンドブレンダーはかなりオススメです。

ここから、焼いていきます。

お好み焼きを焼く

フライパンに油をひいて、生地を流し入れます。我が家は子どもが小さいので1枚のサイズを小さめにしました。

生地の上に豚肉をのせて焼き、頃合いを見て裏返します。

できあがりがこちら。

ニンジンの葉と里芋のお好み焼き

ニンジンの葉と里芋のお好み焼きのできあがり。

これなら、いくらでも食べられそうです。

子どもに不評だったのは残念ですが。

ニンジンの葉がなくても、パセリで代用できますよ。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)