パッションフルーツってどんな味!?初めての収穫

前略

グリーンカーテンとして育てていたパッションフルーツ。

無事、収穫することができました。

苗を植えたのが5/13、開花が5/31。

収穫……とは言うものの、熟した実が自然と落ちたら食べごろなんだとか。

我が家でも開花からちょうど2ヶ月、水やりの際に実が落ちているのを発見しました。ちょっと前まではきれいな緑色だったのに、落下した実は紫味がかった赤黒い色をしています。

熟したパッションフルーツ

触った感じとしては、やけにカサカサしていて、スポンジのように軽いです。

一瞬、「これは失敗だったのでは……?」と思うほどの乾き具合。

それでも中身が気になるので、いざ、入刀。

パッションフルーツの中身

包丁をいれた瞬間、古くなったフランスパンを切っているのでは、というほどの硬さと乾燥を感じたものの、中身が見える前から、ライムのような芳香が!

これは期待できそう!

長男Tくんと一緒に一粒口にいれたら……

パッションフルーツを味見するTくん

すっぱい!でも美味しい!

Tくんは3分の1くらい食べました。

私はヨーグルトにかけていただきます。

パッションフルーツをヨーグルトにかけて食べる

ただ、可食部が種の周りのゼリー状の部分だけなので、定番にするのは難しいところがありますね。

味もほぼライムやカボスなので、この味が食べたいなら、わざわざ種ばかりのパッションフルーツよりもライムを食べるよね、っていう……

まぁ、グリーンカーテンや花の鑑賞目的で、ついでに食べられるよ、という感じでしょうか。

一応、多年草のようなので、越冬できるといいですね。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です