プロジェクターとFire TV Stickの組み合わせで、リビングがプチ映画館になった

前略

長男Tくんに「テレビがほしい」とせがまれて、4か月前にプロジェクターとFire TV Stick 4Kを購入しました。

プロジェクターでテレビ視聴環境を整えた話

Fire TV Stick 4Kの基本

Fire TV Stick 4Kとは何かというと、ざっくり言うと、「テレビに挿していろんな動画サービスが視聴できるよ」というもの。

もちろん、普通のテレビ(HDMI端子付き)でもいいんですが、プロジェクターにすると、画面サイズがかなりおおきくできるので、映画館気分で楽しめます。

我が家でおもに見ている動画サービスは、

  • prime video(Amazon)
  • DAZN
  • TVer
  • ニコニコ動画
  • YouTube

などなど。

prime videoは、ほとんどアニメ視聴になってます。息子たちがポケモンや仮面ライダー、妖怪ウォッチなどを見ていますし、私もフルーツバスケットを「懐かしいなー」なんて見てます。

DAZNは夫が見ています。私はスポーツ観戦はうといのですが、見たい試合が網羅されている様子。

Fire TV Stick 4Kプロジェクターの接続

我が家のプロジェクター、背面にHDMI端子があります。

そこに直接Fire TV Stick 4Kを接続しています。

さらに、USB端子もあります。

Fire TV Stick 4Kの電源はUSB端子なので、プロジェクターのUSB端子に接続しています。

こうすることで、プロジェクターの電源を入れたら、Fire TV Stick 4Kの電源も入るという状態にできます。

Fire TV Stick 4Kを接続したプロジェクター

購入前は、かなり奮発する買い物だったので、買うかどうかや、買うならどの機種にするか、夫婦でさんざん迷いました。

でも、4か月たってみると、毎日使っていますし、何より子どもたちが楽しんで見ているので、買ってよかったと思うのです。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です