劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzerを見てきました。

前略

息子をダシにして、劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzerを見てきました。

あれもこれもあってお腹いっぱい、って感じですが。

2箇所ほど、私がぐっときたシーンをピックアップしてみます。

・仮面ノリダー

私は待ちきれなくて先にネタバレを見てしまっていたのですが、やっぱり「クスッ」と笑ってしまいました。

ただ、私は幼少期、とんねるずは見せてもらえなかったので、心から笑えなかったのが残念……

“偽物”ノリダーに、「お前は選ばれたライダー」とさとされるのは、ぐっときました。

「選ばれた」というのが、作中のそれまでのメタ的な演出もあって、主演の奥野壮さんに対する「オーデイションで選ばれて、この作品をここまで頑張ってきたんだろう」とも聞こえたり……私すでにおばちゃんですから、ほろっときてしまいました。

・オーマフォーム

これも、前述のノリダー同様、オーマジオウに励まされて変身する流れでした。仮面ライダージオウの番組当初から越えるべき存在として提示されていた未来の自分・オーマジオウに、励まされてしまうんですよ⁉︎

私すでにおばちゃんですから(ry

見て

仮面ライダー映画って、プライムビデオなどで、数年後に配信されたりしてますけど、今年の、仮面ライダージオウに関して言えば、“今“見ないと面白くないやつです。

それって、いつのまにか「平成」ライダーなんて呼ばれていた2000年以降の仮面ライダーシリーズを総括する、今のタイミングだからですよね。

なので、今、見てほしいです。

そして、10年くらい後に、ジオウが客演するのを見て、またほろっとするんです。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)