干拓虫(ヌカカ)は地味に嫌な虫

前略

私の住む場所に、干拓虫という害虫がでます。

干拓虫というのは地元でそう呼ばれている名前で、本当の名前は『ヌカカ』といいます。

ヌカカ|ウィキペディア

こいつはどんな害虫かというと、蚊と同じく、血を吸ってくるんですね。

それで刺された場所はかゆいわけです。

蚊に刺されたほどは腫れません。ニキビくらいの大きさです。

こいつの厄介なところは、めちゃくちゃ小さいこと。

ヌカカの大きさ。

子どもの後ろ姿の写真ですが、わきにある黒い点、これが干拓虫(ヌカカ)。

初夏、屋外に出ると大挙して押し寄せてきます。

しかも、服の中に入り込んできて、地味にくすぐったい。

暑くなる季節なので服装もゆったりしていますから、狙われやすいですね。

よく外遊びをする子どもたちをみていると、うなじ〜首のあたりに数カ所刺されています。

むしろ腕や足はほとんどないので、外遊びの時には、後ろ首に虫除けスプレーをしてやっています。

虫除けスプレーはイカリジン配合のタイプを選んだ方がいいですね。

今までハーブの香りで虫を忌避するタイプも使ったことがありますが、ほとんど効きませんでした。

本当に、庭先で遊ぶにも厄介な干拓虫です。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)