暖かい立春にテントウムシがわんさと

前略

今年2020年の立春。とても暖かい日でした。その後の寒波が来るというのに。

畑に出ていると、あまりの暖かさに(温度を測ればよかった)、テントウムシを見かけました。

少なくとも3匹は見たので、ぞろぞろ出てきていたのでしょう。

勢いにのって、少しだけ、ダイコンとニンジンの種まきなんかもしてみたりして。雑誌「野菜だより」に、“ニンジンの節分まき”というのが紹介されていたんだよね。

黒マルチにビニールに、とかなり保温が必要なようですが。

草取りをしていると、鳥が飛んできて支柱に止まり、コツコツと音を出しています。しばらく、あっちの支柱、こっちの支柱と飛び回ってコツコツ……どうやら私は鳥さんに観察されているというか威嚇されているのかな?

腹が鮮やかなオレンジ色で翼が黒に白い紋がついています。

なんという鳥か例によって調べてみました。色などの特徴を入れるだけで名前がわかるのでGoogleはすごいですね。

ジョウビタキというようです。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です