綿栽培のアドバイスをいただく。東京スピニングパーティーにて。

by

拝啓

早いもので彼岸の中日ですね。とはいえ今日は少し暑いくらいでした。

東京スピニングパーティーパンフレット

初参加の東京スピニングパーティーの様子

先週9/15は初めて東京スピニングパーティーに行ってきました。

夫や子どもたちも巻き込んで、半分家族旅行のていで。

出店ブースの数や、来場客のにぎわい、圧倒されるばかり……下の子は抱っこひもの中で眠っていてくれたため、じっくり見てまわれました。

糸紡ぎの道具、機織りの部品、羊の原毛、色とりどりの糸。これはワクワクせずにいられない。

会場は写真撮影NGなのが残念でした。

(撮影OKにして、ハッシュタグも指定しておくといいのに……とは思うものの、撮影のために立ち止まるのが危ないとか、ワークショップを撮影するのは権利的に良くないなど運営上のなにかがあるのでしょうか)

綿栽培のアドバイスをいただきました

綿を出品されていたブースで、いろいろ話を聞いてみました。

和綿と洋綿は一緒に育てても交雑しないとのこと!これは初めて知りました。

和綿同士、洋綿同士では交雑してしまうので、茶綿や緑綿、あるいは産地の違う品種を育てるなら、場所を離した方がいいよ、とのこと。綿の花粉は重いので、風に乗って飛びませんから、畑の隅と隅ならよさそうです。

いくつかの品種のタネを買いましたので、来年育てるのが楽しみです。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)