棉の花が咲いたあと、実がなったあとの対処

by

前略

棉の栽培で、「花が咲いたあと、実がなったけど、その後はどうしたらいい……?」

実はそのうちはじけますので、じっくり待ってみてください。

コットンボールがはじけて中から綿花がでてきました。

開花からコットンボールがはじけるまで

夏、棉の花が咲き始めます。

開花から約2カ月かけて実が大きくなり、コットンボールがはじけます。

台風や雨で飛ばされる心配もあります。

もし、プランターで育てていれば、台風などのときは屋内に退避するのも良いでしょう。

綿を収穫する目的なら

綿を収穫する目的なら、11月頃まで花が咲きますから、1月頃まで収穫できます。

ほかに、寒くなる前に株ごと抜いて干しておく方法もあります。

私は去年は10月頃に抜いて干す方法をしてました。

株ごと抜いても、時期がくればコットンボールははじけてくれますよ。

ドライフラワーにしたいなら

ドライフラワーにしたいなら、コットンボールに封筒のようなものをかぶせて、綿が雨に濡れないように、風でちぎれてしまわないようにしておくといいようです。

枝に対して欲しい数のコットンボールがつけば、葉もすべて落として、枝ごと乾燥させてしまってもいいかもしれません。ちょっとこれは試したことはないです。

私が育てている伯州綿は、ドライフラワーには不向きだと思います。コットンボールがはじけたあと、割とポロっと落ちてしまいやすいので。

じつは、越冬できる……らしい

気温が高ければ、越冬できる……らしいです。温室の中なら。

まあ、収穫目的なら、越冬する手間より、翌年種まきする方がいいですよね。越冬した株は収穫量が落ちますから。

それに、一株でも種はかなりとれますから。

ただし、種と綿をとりはずす、「綿繰り」という作業が待ち構えています。がんばれ。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です