畑と庭全体のレイアウトを考える

前略

畑と庭のレイアウトを考えています。

え?畑のどこに何を植えるかはもう考えてあるんじゃないの?

単純に今年の作付ということではなくて。

畑の中でもまだ荒れ地のままの場所や庭も含めて、全体がこうなったらいいな、と考えています。

というのも、夏にモロヘイヤを植えていた場所は、夫からは場所を開けてほしいと頼まれていたのでした。

それに、私も、野菜だけでなく、果樹も植えてみたいし……

ということで方眼ノートに敷地全体を書き写してみました。

家と畑

なんどもシャーペンで書いては消して書いては消して……を繰り返していたのでぼろぼろになってきましたが……

どこに何を配置するか、紙を切り抜いて福笑いのようにおいていけばいいのね、と気づきました。

野菜、果樹の他、欲しいものは、子どもたちが走り回って遊べるスペースです。

うちの子は、なんとなくインドア派の気配がします。休日になにもなければ、ビデオが見たいと言い出します。

家のすぐ外で遊べるなら、なかなか良いことです。

レイアウトには、パーマカルチャー菜園入門という書籍を参考にしています。

この本を見て、畑は必ずしも四角い畝でなくちゃならないことはない、とハッとしました。

35ページには家と庭のレイアウト図があり、とても参考になります。

まだ我が家のレイアウトはほぼ白紙なのですが、数年先を見てかんがえるつもりです。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)