糸紡ぎ、まずはスピンドル(ツム)で練習

by

前略

時候のあいさつを省略したいくらい、体力を消耗しています。

糸紡ぎの練習をしているからです。

糸の仕組み……綿や原毛に縒り(回転)をかけていく……という、頭でわかっていても、手指がその通りに動くかというと別の話でして。

手紡ぎの方法

糸を手紡ぎする

最初は指で縒って、長さを確保したら、スピンドルに巻きつけます。

右手で持ったスピンドルで、綿に縒りをかけていきます。

でもさ、「ゆるいな」とか「あ、切れちゃう」という感覚がわかるんだな〜

スピンドルに巻いてある、紡いだ糸

約40分かけて、ひとつかみの綿を紡げました。仕上がりはボコボコ、縒りもムラになっています。

これは練習あるのみですね……

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)