草の生え際は赤紫色をしている

by

前略

畑の予定地に草取りをして畝を作る作業を続けています。

土を掘り返すと草の根っこが出てきます。

根から地上へのきわの部分は赤紫色

この写真はおそらく、チガヤの根っこです

地上部の生え際が赤紫色になっています。

ボールペンの替え芯ぐらいの太さがあります。

これが地下30センチから1メートルぐらいのところにはびこっているので全て取りきるのはなかなか困難です。

しかも、春先になってだんだんと気温が上がってきていますので地上に顔を出していなくても、地下では根がどんどん伸びています。

雑草と根っこについては、以下の記事が詳しいです。

雑草は根から抜いちゃダメ!? 草刈りの新常識【畑は小さな大自然vol.4

こんにちは、暮らしの自然菜園コンサルタントのそーやんです。今回のテーマは「雑草は根から抜いちゃダメ!?」です。これから夏本番。草刈りが大変な時期になってきます。普段、皆さんは雑草を根から抜いていませんか? 実は雑草の根を残して刈ることで、土


かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です