親知らずを抜いた後の痛さは頭痛がするくらい

by

前略

左下の親知らずを抜きました。

私の下の歯の親知らずは、歯茎に埋まっていて、しかも横向きになっています。

独身時代、上の親知らずを抜いた時の歯科医の先生は、難しいからあまりやりたくないと言いました。

別の歯科医院では、親知らずの根が神経の間近なので、総合病院に紹介状を書きます、と言われてしまいました。

この時点でちょっと不安です。

親知らずを抜くのは痛いよ。と誰もが言う。しかも、いつもの歯医者さんではやってくれない。

ドキドキしつつ、紹介された病院へ。

最初は問診とレントゲン、CT撮影し、処置日を予約しました。

抜歯当日。

担当の先生から、緊張してますか?大丈夫ですよ。と言われ、少し落ち着きました。

まずは消毒。口の周りを2周、口の中を2回。

エプロンと顔のカバーをかけられた後、麻酔をしていきます。

麻酔を打たれると、心拍が上がってきました。緊張から?いえ、多分麻酔の影響。しばらくしたら少しはマシになりました。

事前に受けた説明では、歯茎を切開し、親知らずを上下に分割し、抜歯するとのこと。

歯を削る音、キィーンというのはやっぱりいい音ではないですね。削る最中は時々焦げたようなにおいもしました。

1時間くらいで終わるらしいのですが……

親知らずの根が太かったらしく、なかなか抜けません。

途中、別の先生もヘルプで入られ、やっと抜けたようです。麻酔効いてるし目隠しもあるので、雰囲気だけしかわかりませんが……

抜歯後、傷口を縫合して終わりです。

先生曰く、難抜歯でした、と。

痛み止め、抗生物質、うがい薬を処方されて終了です。

最後に先生から、麻酔が切れる前に痛み止めを飲んでおいた方がいい、とのこと。

確かにそうでした。

帰り道、調剤薬局やほかの用事をしているうちに麻酔が切れてきましたが、痛みがジンジンしてきます。

歯やあごだけでなく、頭も痛くなるし……

親知らずを抜く日は、あまり予定を入れず、きちんと休息できるようにしておいた方がよさそうです。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です