餃子だと野菜を食べてくれる

by

前略

子どもの食事の悩みと言うのはつきません。

保育園では残さず給食を食べると言うのに、家では気分なのかムラ食いになってしまいます。

特定の野菜を嫌いと言い出したり。

でもね、餃子だとパクパク食べてくれます。

自称嫌いな野菜が入っていても食べてくれます。

餃子

今回は、キャベツ、大根の葉っぱ、春菊が入っていますよ。

子どもたちがパクパク食べてくれました。

参考にしたレシピは以下です。

出来た☆ジューシーな餃子  by せつぶんひじき

「出来た☆ジューシーな餃子 」つくれぽ11,000件ありがとうございます!飽きのこない味を目指しました。   材料:キャベツ、ニラ、豚ひき肉(脂身多めがおすすめ)..

餃子なんて以前は作らなかった

子どもが生まれる以前は餃子を自分で作ることはほとんどしませんでした。

よっぽど気合い入れて「作るぞー!」というときくらい。

そうじゃないときは、チルド餃子くらいかな。

今では、野菜も肉も機嫌良く食べてもらうための手段ですよね。

焼くときに皮が開いてしまう

ちょっと悩ましいのは焼くのがまだ下手でして、焼いている途中で皮が開いてしまうのです。

ちょっと検索してみると「片栗粉または小麦粉を溶かした水を皮の内側に塗ると良い」らしいので、次は試してみようかしら。

思い出のリンゴ餃子

餃子の具、普通は肉や野菜ですけど、私が幼い頃、母が作ってくれた、リンゴ餃子、チーズ餃子があります。

天ぷらの日にリンゴ餃子とチーズ餃子も作って揚げてくれたのです。当時の定番でした。

今は、リンゴ餃子を長男Tくんが喜んで食べています。餃子作るよ、って言うと、リンゴ餃子がいい!と言うくらい。とりあえず肉野菜餃子も食べてほしいので、後回しですけど。

餃子の皮を常備しておかないといけませんね。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です