8年目にしてわかった洗濯乾燥機のコツ

前略

我が家では洗濯物は年中部屋干しです。冬の間、二日間干しても乾かないことがあり、寝室に移動させてエアコンで乾かしたりもしていました。

でも、エアコンで乾燥させるより、洗濯乾燥機のほうが電気代としては安上がりなんですよね。

長男Tくんが生まれた頃には乾燥機能を使っていたものの、生乾きにしかならず干していました。それなら、乾燥機能の意味がないよね…とめったに使わなくなり…

しかし、8年目にして乾燥機能を再び使い始めてコツがわかってきました。

洗濯ネットを使わないこと、乾燥量を少なめにすること、です。

以前に生乾きだったのは洗濯ネットに入れていたからなんですね。赤ちゃん用品は小さいから、と思ってすべてネットにいれていました。乾燥機の中で風が通らないと乾きにくいはずですね。同様に、ポケットのある衣類は裏返しにしたほうが乾きやすかったです。

また、乾燥量を少なめにすることで風をまわしやすくなるので、ぎゅうぎゅう詰めよりも乾きやすくなりました。

こんなことなら、7年前当時、もっといろいろ試してみればよかったなぁ、と、くやまれます。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)