コットンで作る、鏡餅とねずみ

前略

今年収穫した伯州綿で、鏡餅と来年の干支のねずみを作ってみました。

まずは鏡餅。

材料は綿と芯になるもの

材料は綿と芯になるもの。芯には養生パネルの余りを使いました。

これを丸く切り抜いて……

養生パネルを丸く切り抜いた

綿をくっつけていきます。

芯に綿をくっつけた

ちなみに、種が中にそのまま入っています。

ちょっと見た目がぼこぼこですね……

目打ちで綿をなじませた

目打ちを使ってなじませてみました。

このままだとただの綿のかたまり…。

オレンジ色に塗る

オレンジ色に塗ります。

鏡餅

鏡餅の完成です。

次にねずみの人形を作ってみましょう。

これも養生パネルで芯を作って綿をくっつけていきましょう。

なんとなく、とっとこナントカみたいな顔になりました(笑)

初めてやってみましたが、成形するのが、わりと難しいですねー。顔がなければただのもじゃもじゃですし……

できあがったねずみは、長男Tくんがかわいいー!と言ってくれました。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です