強風で支柱ごと倒れそうになるティピーテント

前略

イチゴ温室用に建てたティピーテント。

ティピーテント式の温室を自作

ティピー温室の入り口が風で開いてしまう

風で入り口が開くだけでなく、支柱までずれるようになってきました。

U字ピンで押さえていたのに、抜けてしまうのです。

風が強すぎて、ビニールが帆のようになり、支柱ごと持っていかれそうになりました。

これはいったんなおしたところ。

夫が支柱を上から金づちで打ち込んでくれました。

入り口の位置を変更して、風上とは違う方向に。まあ、別の日には風上になるかもしれませんが。

入り口でのビニールの重なりを、ある1本の支柱で止めていましたが、これを中止。左右から巻いたビニールを2本の支柱でそれぞれ止めるようにすることで、風を受けにくくしてみました。ちょうど、着物の襟元みたいな感じで。

他に試したいこととして、支柱を増やし、ビニールを支柱の内側・外側と互い違いにし、さらに外側支柱の円周を紐でくくると強度が増すんじゃないかと思っています。支柱は買ってこないとないんですけどね。

あとは、テント底面の半径を狭くすることかなぁ。今はビニールの最短幅とテントの斜辺がほぼ同じなので、その部分のビニールが押さえられていないんですよね。

しかし、強風のタイミングだと、補修も大変ですが、この先暖かくなると温室は不要になってしまいますね。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)