イオン銀行で口座振替をしようとしたら失敗した話

前略

とりまわしや使い勝手が良いので、なるべくネット銀行を使うようになってきました。

そんな中、いまだに地元の金融機関で口座振替になっていた支払いを、イオン銀行に変更手続きしたところ、失敗。今回はそんなお話です。

1月末ころ、かんぽ生命の引き落としをイオン銀行に変更しようと、郵便局窓口で手続きしました。

イオン銀行は印鑑の登録がありません。

が、FAQを確認すると、任意の印鑑またはサインでOKであることがわかりました。

【口座振替】「預金口座振替依頼書」を提出したいのですが、口座開設時に印鑑(サイン)の届け出をしていません。どうすればよいですか?

郵便局窓口で所定の用紙に記入し、任意の印鑑で提出。

さあこれで終わったぞ、と思っていたんです。

ところが、1ヶ月ちょっとたった頃、口座振替手続き時の担当者さんから、口座振替書類が不備で戻ってきたのでイオン銀行に確認してほしい旨、連絡が来ました。

実は、印鑑がない口座の場合、口座振替手続き後に、イオン銀行から届くメールにしたがって承認操作をしなければならなかったのです。私はすっかりメールを見落としていました。

イオン銀行から、ご登録いただいているメールアドレスに「口振承認依頼」メールを配信いたします。

受領後、インターネットバンキングにログインいただき、重要なお知らせ画面より「口座振替お申込手続き」の【申込】ボタンを選択いただき、画面下部の「次へ」をクリックしていただくことで、ご提出いただいた「預金口座振替依頼書」を設定するお手続きが完了となります。

【口座振替】「預金口座振替依頼書」を提出したいのですが、口座開設時に印鑑(サイン)の届け出をしていません。どうすればよいですか?

うっかりしていました……

その口振承認依頼メール、書類提出後、約2週間で届いていて、5日以内に承認するよう書いてありました。なんてこった!

一応、イオン銀行にも問い合わせてみました。電話は混み合っていてつながらなかったので、チャット問い合わせで。やはり、口振依頼書の再提出が必要なようで、手続きしてきました。

イオン銀行だけではないと思うので、気をつけたほうがいいですね。

というか、メールを見落とすなんて私の落ち度です。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)