映画『仮面ライダー 令和ザ・ファーストジェネレーション』を見てきました

前略

先日、映画『仮面ライダー 令和ザ・ファーストジェネレーション』を見てきました。

子どもたちが楽しみにしていた映画です。

この映画は仮面ライダーゼロワンと仮面ライダージオウが登場します。

長男Tくんはどちらも好きですし、特に次男Gくんはジオウが大好き。赤ちゃんの頃、初めて何度もしゃべれるようになった言葉がジオウでした。

今回の映画では仮面ライダーゼロワンの誕生秘話のようなお話が展開されます。

今までの仮面ライダーの冬映画だと、現行ライダーと一つ前のライダーがダブル主演でお話が進んでいく様子でしたが、今回の映画だと基本的にはゼロワンのお話でジオウはあくまでもゲストとして登場した格好になっています。

最初からシリアスなストーリーが展開していきますが、最初から最後までアクションシーンも満載なので、変身後のライダーが好きな子供でも食い入るように見ていました。

私としては、或人と父親の其雄の対決がなかなか見ごたえがあったと思います、思うのですが、、、どうして父と子の対決、子が父を倒すのをやらなきゃいけないのかなぁ、男の人ってそういうの好きだよなぁ、と思ってしまうのです。そういうのカタルシスって言うんでしょうか。

父と子の対決を見せられる視聴者である子どもたちはどう思ってるんだろうなぁと少し心配になってしまいます。

まぁ映画としてはかなり楽しめました。

そういえば、劇場でゲイツマジェスティの予告映像が流れていて、リュウソウジャーvsルパンレンジャーVSパトレンジャーのチラシもあったのだけれど、それってその劇場で上映されるということなのかな?田舎なので、もっと都会の映画館じゃないと上映されないんじゃないかと思っていました。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です