劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』を見てきました

前略

劇場版・新幹線変形ロボシンカリオン 未来から来た神速のALFA-Xを見てきました。

劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X(公式サイト)

シンカリオンは子供と一緒になって毎週面白く見ていたんですが、テレビ放送が終わって寂しく.劇場版は私もかなり楽しみにしていました。

アニメ・シンカリオンは、鉄道好きの少年速杉ハヤトやその仲間たちが、新幹線が変形するロボ・シンカリオンに乗って未知の敵・巨大怪物体と戦うアニメです。

今回の映画では、ハヤトの父親ホクトが子供になってしまうと言う予告映像がありました。

実際の映画ではホクトが子供になってしまうのは3分の1位過ぎたあたりでしょうか。

映画の上映開始直前にハヤトと相棒の小型ロボシャショットが次回予告風に映画シン・エヴァンゲリオンの予告をして、笑ってしまいました。

そして映画が始まってすぐに、あの日本が誇る巨大怪獣ゴジラが出てきて、初音ミクが搭乗するシンカリオンH5はやぶさと交戦するなど本当に初っ端からブットんでます。

大きなネタも小さなネタも全部詰め込まれていてさすがシンカリオンと言う感じです。

ちゃんとストーリーにも見所があって(失礼)、ハヤトが父親とわかっていて少年ホクトに「好きなものは好きなままでいいんだよ」とさとしながらも「お父さんにこんなこと言っていいのかな」と迷うところが子供らしくてかわいいなと思ってしまいます。

親子の物語、特にバトル物だと、父と子で戦わせたがる物語が多い中で、シンカリオンの場合親子が戦うシーンはあくまでもシンカリオンの期待が操られていただけとなっていて、それほど時間も多くとられていなかったのがシンカリオンにとって主題になる部分はそこじゃないんだなぁと改めて思いました。

サブタイトルの未来から来たと言うのはトンネル工事中に見つかったボロボロのアルファEXのことだと思うのですが、ちょっとわかりにくかったかなと思います。

子供向けの映画ではありますが、エヴァンゲリオンやゴジラや他にも親世代がうなってしまうネタも多いので1度は見て欲しい映画です。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です