親知らず抜歯をナメていました。

by

前略

9月に入ってすぐ左下の親知らずを抜きました。

親知らずを抜いた後の痛さは頭痛がするくらい

なんと驚くことなかれ、2週間以上たってもまだ痛みがあるんです。それも鎮痛剤を使って抑えなければならないほどの痛みです。

処置部だけでなく、左側の歯(なんと上の歯も)、それからこめかみ、目の奥も痛みがあります。

大丈夫、これくらい……薬を飲まなくても……なんて言って畑に出たりしていたら、痛みがひどくなりました。

今は、縫合部の抜糸も終えて、鎮痛剤と抗生物質を処方してもらっています。

痛みがひどかった原因のひとつと思われるものに、処置部(元・歯があった穴)に汚れがたまっていたことがあげられます。

一見すると注射針のような水鉄砲のような道具で処置部に消毒液をかけると、中から食べかすなどの汚れが出てきました。

歯の消毒に使う道具

汚れの除去と鎮痛剤で、痛みを抑えて生活できています。

痛みには個人差があるとは思いますが、親知らず抜歯は計画的にやった方がいいですね。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)