平らなところを愛でる。「スーパー主婦のスゴ家事術」を読んで実行する。

by

前略

キッチンカウンターの上を片付けました。

この本を読んで、ドキッとしたからです。

平らなところに何も置かない

今まで、我が家のキッチンカウンターの上には、こんな物が置いてありました。

ゴミ箱、私の化粧品、子どもが拾ってきたどんぐり、捨てる電球、鍋敷き、懸賞ハガキ、虫除けスプレー、歯磨き粉、エアコンのリモコン、その他にもナンダコレさんたち。

スーパー主婦のスゴ家事術に、平らなところには何も置かない、隙間は美しさであるとの言葉、胸にささりました。

さっそくキッチンカウンターの平面を確保

キッチンカウンターの上がごちゃごちゃしはじめた原因は、ゴミ箱だろうと見当をつけました。

子どもたちがまだ赤ちゃんの頃、ゴミ箱をいたずらされては困るのでキッチンカウンターに置いたのが最初です。

今、子どもたちがゴミ箱をいたずらすることはない(はず)。次男Gくん(1歳6ヶ月)も、ゴミ箱はゴミを捨てるところ、とちゃんと理解しています。

ならば、ゴミ箱はもう、移住していいはずです。

そして、カウンターの上に集まっていた雑多なものたちを、あるべき場所におさめ(つまり今までは出しっぱなしだったのね……涙)、不要なものは捨て(ほとんどが不燃扱い。ゴミが放置されてたってことよね?)スッキリしました。

写真立てを置く

ただ、これだけだとすぐ元に戻る可能性もあります。

なので、写真立てを置くことにしました。長男Tくんの七五三で撮った家族写真です。

写真が置いてあると、そのまわりには変なもの(特にゴミ)を置きたくないと思うはず!

この状態をキープできるようにしよう!と心の中でちかいました。

他の場所も、少しずつスッキリさせたいなぁ〜

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です