耕運機をレンタルしてみました

前略

畑の作付できる場所を拡張をするために、耕運機を使いました。

ホンダこまめF220という機種です。

こまめF220

手作業でやっていた私を見かねて(?)夫がレンタルしてくれました。

そう!耕運機はレンタルできるなんて!

ホームセンターで1日2000円。燃料は自前で用意が必要です。

同型の耕運機が、そのホームセンターでは約10万円していました。

使う頻度やメンテナンスのことを含めても、購入よりレンタルの方がずっと安いです。

まずは夫が使ってみました。

エンジンの始動し、ハンドルを握って前に進みます。

草を刈ってあるとはいえ、地下茎や根で増える多年草のしぶとい根があるので、耕運機がガンガン跳ねます。

私もやってみたのですが……

まず、エンジンがかからない(T_T)

エンジン始動のひも(スターターロープと言うそうです)を何回ひっぱてもかかりません。勢いが遅いようです……

エンジンは夫にかけてもらい、いざ、耕うんです。

回転に負けて耕運機が先に進まないよう、押さえていると、こんどは耕運機が土の中に沈み込んでいきます。沈みすぎないように前進したいのですが、押しても進みません。沈んだせいで若干段差ができてしまいました。耕運機を少し引いて勢いで進めます。

……はい、耕運機の馬力に負けてしまいました。

ホンダのなかでも小さい方から2番めの機種なんですけどね。

結局、夫にやってもらい、私は刈草や根をレーキでよけていました。

1時間で5メートル四方

開始から約1時間、エンジンがかからなくなりました。どうやらガソリンがきれたようです。

約5メートル四方が耕せました。

以前、人力だけでやったのよりよほど早いです。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です