Googleフォトが有料化!私はAmazonフォトを使います。

前略

いよいよGoogleフォト有料化の日が近づいてきました。

Googleフォトの容量無制限無料バックアップ、2021年5月末で終了|ITmedia NEWS

とはいえ6月から急に料金を請求されるようになるわけではなく、Gmailやドライブ等含めて15GBを使い切ったときが実質の無料終了地点です。

私の場合は約7ヶ月で使い切るそうです。

私に限らず、小さい子供を持つ親御さんならわかると思いますが、子供にスマホを奪われて写真を連写されてしまうんです。そんなよくわからない写真もふくまれるからすぐに容量がいっぱいになってしまうんですよね。まぁ消せよという話なんですが。

Googleフォトの料金

もし、Googleフォトで継続するなら、月額250円で100GB利用できます。

それ以上になると、380円/月で200GB、1300/円で2TB使えます。

ハードディスクやSDカードを使う方法

自前で記録媒体を用意する方法もあるんですよね。

ハードディスクは容量あたりの金額が抑えられるんですが、一般的にはPCが必要になってきます。以下のようなPCなしでできるものもあります。

SDカードを使う方法もありますが、iPhoneだとカードリーダ経由になります。

(ピンクの自動バックアップグッズかわいいなぁ)

Googleフォトのメリットは容量無制限だったことだけでなく、「自動で」保存できて、「自動で」画像を判別してくれることでした。

人物や場所だけでなく、モノとかイベントなどいろいろ判別してくれるんですよね。

それで私はGoogleフォトの代替としてはAmazonフォトを使うことにしました。

Amazonフォトを使ってみる

Amazonフォトはプライム会員(月額500円または年額4900円)だと追加料金なしで使えます。

Amazonフォトも、スマホのアプリを開くだけで写真を自動保存してくれ、画像の判別もできますからGoogleフォトのかわりに使うのにちょうどよかった。

人物と場所は、アルバムから選べます。

それ以外だと、アルバム左上の検索マークからできます。

判別機能はGoogleフォトの方が賢いんですけどね。

Amazonフォトの注意点

Amazonフォトでは動画の保存に5GBまでという制限があります。それ以上になると月額250円で100GB使えます。

iPhoneのLiveフォトは動画扱いになるので注意が必要です。

動画をバックアップしないという設定にすることもできます。

終わりに

今まで無制限に写真の保存+整理ができていたGoogleフォト。無料でできていたというのがすごかったんですよね。本当にありがたかった。

Googleフォトの容量上限になるまでは、GoogleとAmazonの併用をするつもりです。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)