綿の発芽率をあげる簡単な方法

前略

昨年の綿栽培は発芽の段階でつまずき、ほぼ収穫ゼロという失敗に終わりました。

6月末、ようやく綿を定植

なので今年は一昨年産の種をつかいました。発芽前後は失敗しやすいので念には念を、室内で芽出しさせることに。

さらに、播種前にあることをしました。

種を水につけておいたのです。

写真はすでに浸水1日半、根が出始めています。

これを育苗トレーにまいて翌日。

芽が持ち上がってきています。

さらに驚いたことに発芽率は、ほぼ100%。劣化しているはずの一昨年の種なのに、です。

その後双葉も展開したので、浸水から約一週間後、畑に定植しました。

本当なら梅雨入り前までに定植までしたいところですが、今年の梅雨入りは早すぎました……

ともあれ、無事に成長してくれることを祈ります。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)