ブログを軽量化するために、プラグインを見直す

前略

先日、ブログを軽量化したい、とGoogleのページスピードインサイトをためしました。

結果、まだまだだったわけですが……

今回は、重くなる原因のひとつ、WordPressプラグインを見直して、他の方法で代替可能か検証してみます。

現状

今、このブログで使っているプラグインは以下。

プラグイン一覧

8個もありますね……

これらをひとつづつ、検証してみましょう。

Ad Inserter

任意の位置に広告を挿入できるプラグインです。

このブログではたとえば、記事の下に楽天の広告をいれたり、特定のタグがついている記事には関連商品を掲載したりしています。

そもそもなぜ広告を入れるのかということもありますが(率直なところ普通に生活費の足しですよ)、このプラグインに関して言えば、プラグインを使わない方法があるようです。

この記事を参照しました。→https://naifix.com/article-ad/

なんとか削除できそうです。

All In One SEO Pack

WordPressを使うなら最初に入れなさい、といわれるくらい有名なプラグイン。SEO対策がこれ1本でできます。

しかし、調べてみると、結構重たいプラグインのようで。
代替方法もいろいろありました。

  • SEO対策が取られているWordPressテーマにする
  • SEO用のコードを自分で入れる

といった対処がでてきました。

ただし、All In One SEO Packの設定欄を見てみると、サーチコンソールとの連携だったり、XMLサイトマップだったり……といろいろあるわけです。

まぁ、これらはひとつづつ自分で設定していけばいいので、できてしまえば削除できるプラグインですね。

Contact Form 7

お問い合わせフォームを実装してくれるプラグインです。

これはGoogleフォームに代替してしまえばいいですね。不要プラグインです。

EWWW Image Optimizer

WordPressにアップロードする画像を軽量化したり、EXIF情報を削除してくれたりするプラグインです。

画像はアップロード前に軽量化するようにすれば、削除できるプラグインですが、その分、記事作成に時間がかかってしまうので、暫定的に残します。

Kattene

楽天やAmazonの商品リンクをキレイに入れられるプラグインです。

これは作者様のサイトにて、プラグインを使わない方法が紹介されていますので、代替可能です。

こちら→http://webfood.info/make-kattene/

UpdraftPlus - Backup/Restore

WordPressのバックアップや復元をしてくれるプラグインです。

手動でも自動でもやってくれます。

正直、自動でできるというところには恩恵を感じています。

手動でやるなら、プラグイン不要なんですが、自動でバックアップするために残したいプラグインです。

WP Fastest Cache

これはWordPress内のキャッシュを最適化してくれるプラグイン。

これは手動ではなかなか難しいので、残留組です。

WP Multibyte Patch

WordPressを日本語で使うために必須のプラグイン。これは日本語で書く限りどうあっても消せません。

まとめ

いろいろ調べてみると、プラグインを使わずに代替する方法や、別のプラグインを使って複数機能をひとつにまとめるなど、やり方はいくらでもあることがわかりました。

調べだすと、カスタマイズが楽しくなってしまいますが、あくまで、来訪してくれた方が読みやすい環境を作ることが目的です。

それを忘れないようにしないと、本末転倒になってしまうので、気をつけたいと思います。

かしこ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です